サルタの絵本しょうかい

長い間愛されつづけてきた、すてきな絵本を紹介します。

「くまのがっこう」シリーズの絵本 ”ジャッキーのパンやさん”

"ジャッキーのパンやさん"

作・文  あいはら ひろゆき    あだち なみ

出版社 ブロンズ新社 出版日 2003.2.25

 

くまの学校のくまの子たちは全部で12ひき。


上から11人が男の子。


12番目のジャッキーだけが女の子です。


でも一番やんちゃなのです。


自分ではみんなのお姉さん代わりだと思っています。


今日はバザーの日。


パンを作って売ることを1年も前から決めていました。


グズベリーラズベリーの実を集めます。


ハチみつをとって、大きなカボチャをよっこらしょ!


 ミルク、粉、ふくらし粉を混ぜてかきまぜます。


1時間ほど焼いて大きなカボチャパンの出来上がり。


と思ったら、ジャッキーが上に乗ってぺしゃんこに。


これじゃ売れない。


兄さんたちはぷんぷん。


でもジャッキーは売りにいきます。


でも、売れません。


誰も来ません。


そのうちに雨が降ってきました。

すると、誰かが「ください」って いったい誰?


 「くまのがっこう」シリーズ、いつも事件を起こすのはジャッキーですね。


 かわいくて、とてもほほえましい絵本です。