サルタの絵本しょうかい

長い間愛されつづけてきた、すてきな絵本を紹介します。

モンゴルの民話を再話にした絵本 ”スーホの白い馬”

"スーホの白い馬"

作・文  大塚勇三 再話 モンゴル民話    赤羽末吉

出版社 福音館書店   出版日 1967.10.1初版

 

広い草原が続くモンゴルに、馬頭琴という楽器があります。


楽器の一番上が馬の頭の形になっています。


なぜ馬なのか?


 昔、スーホという貧しい若者がおばあさんと二人で暮らしていました。


ある日、スーホは草原に倒れていたまっ白な子馬を連れ帰ります。


月日がたち、スーホにかわいがられた子馬は成長して立派な白馬になりました。


そして、ある年の春、領主が主催する競馬大会に出ることになります。


勝てば領主の娘と結婚させるというのです。


スーホと白馬は飛ぶような速さで優勝してしまいます。


ところが領主は約束を守らず、白馬を奪いスーホに殴るけるの乱暴を働きます。


スーホと白馬の運命はどうなるのでしょうか?


 モンゴル民話をもとにしたこの絵本。

数々の賞を受賞し、推薦図書にもなっています。


1967年の発行から101刷を数える名作です。