サルタの絵本しょうかい

長い間愛されつづけてきた、すてきな絵本を紹介します。

カラフルな絵本です。 "みみずのオッサン"

"みみずのオッサン"

作・文  長 新太    長 新太

出版社 童心社   出版日 2003.9.10

 

みみずのオッサンが散歩をしていると、ヌルヌル、ベトベト、ベタベターっとしたものが落ちてきた。


いったいなんだろう?


 うわー、ペンキだ!


 ペンキ工場が爆発したんだ。


お父さんもお母さんもつぶされて、苦しい!


 でもとてもきれいな色って感心しているね。


そのうち絵の具とクレヨンの工場も爆発。


ペンキと絵の具とクレヨンで街は固まってしまった。


そこでみみずのオッサンの活躍が始まります。


なんと、固まったペンキ、絵の具、クレヨンを食べ始めました。


もぐもぐ、ムシャムシャ、次から次へ。


それがどんどんきれいな土になって出てきます。


きれいな土はどこまでも広がっていき、とうとうずっと昔の緑の大地に戻ってしまった。


恐竜までいます。


なにせ、ペンキと絵の具とクレヨン工場の爆発ですから・・・